宮城県環整協
宮城県環境整備事業協同組合

事業案内

未来をみつめて

 私たち宮城県環境整備事業協同組合は、一般廃棄物の収集運搬及び産業廃棄物の処理とリサイクル、浄化槽の維持管理等、廃棄物の有効活用と適正な処理に取り組む精鋭企業19社の集団です。そして、私たちは、森の都と謳われる美しい環境を愛し、ササニシキを育む美しい自然を守り、未来をみつめて日々研鑽を重ね、地域の経済や県民生活の中に深く関わりながら、明るく安全な環境づくりに力を注いでいます。同時に今後ますます増加が予測される廃棄物の有効利用や限りある資源のリサイクル事業を進め、人に優しい安全な環境づくりのお役に立ちたいと願っています。

宮城県環境整備事業協同組合
理事長 永澤良次

災害対策

 1月17日は、近年にない未曾有の被害をもたらした阪神淡路大震災のメモリアルディーです。本県に於いても、宮城県沖地震がおこりライフラインの復旧や災害廃棄物の処分などに翻弄された事がまだ記憶に新しいところです。しかし、大災害への対応は不十分としか言いようがありません。
 貴重な経験を生かすべく宮城県環境整備事業協同組合では、行政や異業種間と連携のうえ災害時の対応やシュミレーションに取り組んでゆきます。

事故防止対策

 作業中の安全は、必要不可欠の第1条件です。しかし、残念ながら交通事故をはじめ酸欠等の事故が後を絶ちません。宮城県環境整備事業協同組合では、事故防止対策のため安全対策のマニュアル作成や定期的な講習会を通じて作業中の事故防止に努めます。

共同物資購入

 事業を円滑に経営する上で、コストを低く抑えることは欠くことの出来ない重要なものです。同じ資材をまとめて共同購入する仕組みは、低価格且つ安定して調達できる理に叶った手段です。宮城県環境整備事業協同組合では、組合員の調達資材を積極的に共同購入し自らの事業向上に役立てて参ります。

協同事業

 経済活動や事業規模が大きくなるにつれ廃棄物の増加やその処分方法も大型化や複雑化しつつあります。今後は、一企業で対応しきれない発注も予想されることから、宮城県環境整備事業協同組合では、プロフェッショナル集団の総力を結集して協同事業を推し進め組合や会員企業の更なる飛躍と経営の盤石を図ってゆきます。

教育情報

 複雑化する廃棄物処理や浄化槽維持管理作業を適切且つ効率的に進めるため宮城県環境整備事業協同組合では、各種の講習会や勉強会を実施すると共に様々な機関で行われる関連情報を提供して参ります。

コンパクト(小容量)型浄化槽の清掃の実務に関する講習会ご案内

1. 講習内容

(1)講習時間
5時間30分(1日間)。
(2)教科目及び時間
1.清掃実務(各型式の概要及び清掃の手順と留意事項)・・・4時間
2.技術的な動向と小容量型浄化槽の概要・・・1時間
3.情報の共有と維持管理・・・30分

2. 受講資格

浄化槽清掃技術者【浄化槽管理技術者資格認定講習会修了者(旧清掃法)、浄化槽管理技術者認定講習会(Bコース)修了者(廃棄物処理法)、浄化槽清掃技術者認定講習会及び浄化槽清掃技術者講習会修了者(浄化槽法)】又は浄化槽清掃実務者講習会修了者

3. 受講料

10,500円(教材費含む)

受講会場

宮城会場

受講申請受付機関・講習期間・受付期間

全国環境整備事業協同組合連合会 北海道・東北ブロック協議会
宮城県環境整備事業協同組合
〒981-3217
宮城県仙台市泉区実沢字桐ケ崎屋敷27−3
電話 022-376-7070

講習期間

平成19年2月28日(水)

受付期間

平成18年9月〜11月

問合せ先

財団法人日本環境整備教育センター
〒130-0024 東京都墨田区菊川2丁目23番地3
電話 03-3635-4880

Copyright(C) 2002 by 宮城県環境整備事業協同組合, all rights reserved.
宮城県仙台市若林区三本塚字荒谷85番地
TEL : 022-289-5381/FAX : 022-289-5381