宮城県環整協
宮城県環境整備事業協同組合

全国大会

全国環整連第31回全国大会
in NAGASAKI

全国環整連
第31回全国大会の開催について
全国環境整備事業協同組合連合会第31回全国大会を長崎県佐世保市ハウステンボス町において開催することになりました。
私達業界は、許可又は委託の形態で、市町村が自ら策定する一般廃棄物処理計画に基づいて、適正業務を実施していくことは当然の責務であります。しかしながら、現状を見ると処理計画未策定の市町村も多く見受けられ、このことが処理施設での投入制限につながり、最終的には住民サービスの低下になっています。
また、わが国の生活排水処理対策においては、下水道を中心とした整備が漫然と行われて汚水処理率は70%を超えるに至りました。大都市、中核都市はすでに整備を終え、残りは中山間地域で家屋の点在する地域が対象となります。今や下水道の使命は終わり、このような地域においては特に個別処理が効果的であることは言うまでもなく、合併処理浄化槽の整備が望まれているところであります。
こうした流れから、国会で浄化槽法の一部改正が行われました。その目的は、浄化槽に対する不信感を解消し恒久施設としての社会的認知確立にあります。
そのための全国環整連は、良好な水質保持のため、設置者に分かり易い全国環整連浄化槽維持管理システムの完全実施により、浄化槽の信頼性を高め、もって浄化槽が排水処理政策の柱となるべく努力、邁進するものであります。

全国環境整備事業協同組合連合会会長 玉川 福和
全国環整連九州地区協議会会長 立野 大輔
長崎県環境整備事業協同組合理事長 岩藤 守


 第31回全国大会決議事項(政府に対する要望決議・大会スローガン・大会宣言)等詳細は、本部全国環境整備事業協同組合連合会のホームページをご覧下さい。

Copyright(C) 2002 by 宮城県環境整備事業協同組合, all rights reserved.
宮城県仙台市若林区三本塚字荒谷85番地
TEL : 022-289-5381/FAX : 022-289-5381